同じメーカー、同じシリーズで揃えるべきでしょうか?

エイジングケア化粧品には色々あるので、アイテムごとに違うものを使ってみたくなります。やっぱり同じメーカー、同じシリーズで揃えるべきでしょうか?

エイジングケア化粧品に限らず、化粧品会社が発売している様々なシリーズは、それぞれに「相乗効果」を狙って、プロが組み合わせた内容になっています。この人気ランキングに入っているエイジングケア化粧品の成分を見てみても、各社、実に様々なものが用いられていますよね。そして、こういった成分は計算して配合されており、シリーズで使った時に、最も高い効果が得られるように作られているのです。

 

ですが、ここで使用者が自己判断により、「化粧水はこのメーカー、美容液はあのメーカー」と、バラバラの使い方をしてしまうと、せっかくの効果が得られにくくなることがあります。さらに、違うメーカーで使用すると、配合してある成分の相性が悪く、お肌にトラブルを起こしてしまうリスクもあるのです。

 

これらのことから、より効率良く実感するためにも、また安全に使用していくためにも、シリーズで揃えて使っていくことが重要ですね。

 

シリーズで使った方が、コスパの面でもお得になる可能性が高いと言えます。

 

エイジングケア化粧品のアイテムごとの役割をチェック!

エイジングケア化粧品には、各メーカー、様々なスキンケアステップを設けてありますね。このようにステップを踏んだケアを行うのは、もちろん「重ねていくことに意味があるから」です。では、それぞれのアイテムは、一体どのような役割を果たしているのでしょうか?

 

化粧水の役割は潤い補給!

まずスキンケアコスメの中で、最も重要と言っても過言ではないのが化粧水です。この化粧水には、「潤い」を補給する役割があります。ほとんどが水分でできたアイテムですので、お肌の内側にしっかり入り込み、日常生活の中で失われがちな水分を補給してくれるのです。

 

そんな化粧水の役割をしっかり発揮させるためには、

  • 丁寧にパッティングして馴染ませること
  • 触れた時にヒンヤリするくらいまでしつこく重ねづけすること

というコツがあります。

 

化粧水をケチってしまうと、お肌のバランスが崩れやすくなるので要注意です!

 

美容液は潤いと栄養を補給!

化粧水の次に、多くのエイジングケア化粧品で用いられるのが、美容液ですね。美容液に関しても、化粧水と同様に潤いを補給する役割があります。ただし、化粧水と大きく違うのは、「より贅沢な保湿成分を届ける」ことを目的としている点です。それから、お肌に不足しがちな栄養を補給するのにも役立ってくれますね。

 

美容液の効果を高めるためには、

  • まずは化粧水でお肌を整えておくこと
  • 気になる部分に重ねづけしていくこと

が挙げられます。

 

特に目元や口元など気になる部分には、重ねてトントンと優しく馴染ませておくと効果的です。

 

乳液・クリームはお肌を守る!

スキンケアの仕上げで使用する乳液・クリームですが、これらには「お肌を守る」という役割があります。乳液やクリームはベタベタするから、と省いてしまう人もいますが、そのような使い方は避けなければなりません。これらをきちんと使わなければ、せっかく与えた潤いが蒸発してしまい、乾燥がひどくなり、さらに皮脂分泌が過剰になる恐れもあるのです。

 

乳液やクリームは、

  • 5点(おでこ・鼻・両頬・アゴ)に乗せてまんべんなく伸ばす
  • 量は控えめにする

というコツがあります。

 

たっぷり使用すれば良いというものではないので、パール粒大程度を優しく伸ばして使用していきましょう。

関連ページ

一刻も早く改善したいのですが、効果はすぐに出る?
エイジングケア化粧品は年齢肌悩みに働きかける効果の高い成分を配合してありますが、だからといって、魔法のように見た目年齢が改善されるということはありません。即効性として得られる効果は限られており、何カ月もの長いスパンで見ていく必要があるります。
エイジングケア化粧品は無添加でないとダメ?
エイジングケア化粧品に配合されている添加物にも色々な種類があり、適量であればお肌への安全性が高いことが分かっているものもあるので、絶対にダメ、というわけではありません。あまりにもこだわり過ぎるのも、良い化粧品を見逃してしまう可能性があるので気を付けたいですね。
乾燥肌のスキンケアのコツは?
乾燥肌の方は、まずはしっかりとお肌に潤いを補給していくことで、乾燥肌悩みそのものを改善し、そこから積極的なエイジングケアを始めるのが理想的です。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合してあるコスメに着目し、活用してみましょう。
エイジングケアは何歳から必要?
エイジングケアを始める年齢には、特に決まりはありません。一般的なエイジングケア化粧品を使いはじめる年齢としては、30代後半~40代頃が最適であると言えるでしょう。20代はシンプルで優しい化粧品で働きかけながら、予防的な意味でのエイジングケアをしていくことが大切です。