夏も年齢肌加速を予防して美肌を守ろう!

特に年齢肌悩みが加速しやすい時期として知られているのが、夏です。夏はお肌にとって過酷な環境となっており、夏が終わる頃にはお肌は3歳年をとると言われているほどです。これを防ぐためにも、エイジングケア化粧品を徹底活用し、将来の美肌を守りましょう。

 

夏も年齢肌加速を予防して美肌を守ろう!

夏の紫外線がお肌を老けさせる

夏に最も気を付けなければならないお肌の大敵と言えば、やっぱり紫外線ですよね。紫外線はお肌の表面を黒くするだけではなく、内側の奥深くにまで到達し、シミ、シワという大きな年齢肌悩みをもたらしてしまいます。

 

これを防ぐためには、

  • 日中の外出はできるだけ控える
  • お肌を露出しない
  • 自宅でも窓際などは注意する
  • スッピンで出かけない

といったことが重要になります。

 

お肌の表面は一見、真っ白でも、内側でじわじわシミの元が作られていることもあるので、将来のシミを作らせないためにもしっかりケアしていきましょう。

 

夏は意外と乾燥する!

乾燥と言えば秋冬のお悩みと思い込んでいる方も多いのではないでしょうか?様々な年齢肌悩みの原因となる乾燥は徹底的に対策しておきたいところ。ですが、夏場はお肌がベタついているため、「今の時期は大丈夫」と油断してしまいがちです。

 

そんな夏でも、

  • 強い紫外線
  • クーラーの効いた部屋
  • 保湿力を重視しないスキンケア

などにより、実はお肌の内側はカラカラに乾燥しているということが多いのです。

 

これは「インナードライ肌」と言われる厄介な肌状態であり、ターンオーバーの低下を招いてしまいます。つまり夏でも、しっかり保湿ケアをすることがエイジングケアの基本となるわけですね。

エイジングケア化粧品で健やか肌に

そんな過酷な環境に置かれる夏のお肌をケアするためも、エイジングケア化粧品を上手に活用してみましょう。

  • コットンマスクなどを行い丁寧に深層保湿する
  • 浸透力に優れた基礎化粧品でお肌の表面はサラっと仕上げる
  • 紫外線の影響が気になる時はよりしっかりと潤いを与える
  • 乳液やクリームもきちんと使用

こういったポイントを押さえて、とにかくお肌の内側までしっかり潤いを与えることが大切です。夏場にベタつくケアは不快ですが、浸透力の高い基礎化粧品なら、ベタベタせずに快適に使用できます。

 

それでも浸透しにくい場合は、ブースタータイプの美容液や拭き取り化粧水を用いてみると良いでしょう。それから、乳液やクリームも忘れず使い、お肌を整えておきましょう。

 

また、同時に日焼け止めなどもきちんと使用して、紫外線による影響を防いでいくことも大切ですね。

関連ページ

春はお肌のバリア機能向上を重視
春と言えば厳しい寒さが和らぎ、心も体もほぐれる素敵な季節ですよね。ですが、そんな春も実は、お肌にとっては過酷な季節でもあります。精神的にも身体的にもストレスが多い季節ですので、バリア機能を向上させることで、肌トラブルを防ぎましょう。
秋は乾燥とお疲れ肌のケアを!
秋という季節は暑さが和らぎ、快適な季節のように思われますが、実は体調を崩しやすい「季節の変わり目」でもあります。しかも夏の疲れがどっと出てくる頃でもありますので、体もお肌もしっかりケアしてあげることが大切です。
冬は厳しい乾燥に徹底対抗すればお肌が変わる!
冬になると空気がひどく乾燥し、また暖房の効いた室内で過ごす時間も多くなるため、お肌がとても乾燥しやすくなってしまいます。そして、乾燥したお肌は様々な肌悩みを起こしやすいのです。ですが冬は、実はきちんと保湿していけばお肌には嬉しい季節。しっかりケアして、若々しい美肌を手に入れましょう!
季節に合わせたエイジングケア化粧品を選んで活用しよう!
季節に合わせて洋服を変えるのと同じように、基礎化粧品の選び方や使い方も、季節に合わせて変えていくことが大切です。エイジングケア化粧品も、同じものをじっくり使用していくことも重要ではありますが、季節の変わり目にお肌の状態が変化したのを感じたら、臨機応変に使い方にも変化をつけていきましょう。