実感までに時間がかかるものが多い

エイジングケア化粧品を使い始める時には、「これでシワが消えるかも!」「これでマイナス5歳肌になれるかも!」なんて大きな期待を持ってしまいますよね。ですが、残念なことにエイジングケア化粧品の多くは、使い始めてすぐに効果が実感できるようなものではありません。実感までに時間がかかるものが多い、というのもデメリットの1つですね。

 

実感までに時間がかかるものが多い

エイジング悩みは頑固

シミ・シワ・たるみといった年齢と共に起こるお肌のお悩みは、ちょっとやそっとのケアでは解決できないような、頑固なものが多いですよね。エイジングケア化粧品は、そういった肌悩みにしっかり働きかけるように考えて作られてはいますが、「使い始めたらすぐにお肌が変わる」といった即効性を実感するのは難しいのが現実です。

  • エイジング悩みは根が深い
  • お肌のターンオーバーは最短でも28日周期

これらの原因から、エイジング化粧品の効果は、即効では実感しにくいのです。

 

特に年齢を重ねたお肌は、若いころは28日周期のターンオーバーも、徐々にペースダウンしてしまいます。そのため、最低でも1ケ月以上は使ってみないと、そのエイジングケア化粧品が持つ本来の効果は実感しにくいのですね。

エイジングケア化粧品の実感はじんわり

エイジングケア化粧品の中には、使い始めてすぐに「モチモチになった」「ハリが出た」「明るい肌になった」といった嬉しい効果が実感できるものもあります。ですが、実はこれらの効果は一時的なものであり、その化粧品の使用をやめてしまうと元に戻ってしまう可能性が高いのです。

 

エイジングケア化粧品による「シミ・シワ・たるみ」という頑固なお悩みへの働きかけは、じんわりと行われます。これらの肌悩みが解消されていく効果を実感するためには、数ケ月のスパンで使い続ける必要性があります。

 

また、ある日突然にお悩みが消えてなくなるわけではなく、使い続けていくうちに「あれ?そういえば薄くなったかも」という感覚で実感できるのがエイジングケア化粧品です。そんなじんわりの効果を実感するためには、気長に構えておかなければなりませんね。

強力じゃないのは魅力でもある!

即効性が実感しにくいエイジングケア化粧品ではありますが、これはデメリットでもあり、同時にメリットでもあります。「じんわりと作用する」ということは同時に「強力な作用がない」ということでもあるからです。

 

強力な作用のある成分は、

  • お肌に刺激を与えてしまう
  • お肌に負担をかけて将来のお悩みを増やす恐れがある

といった問題点があります。

 

優しい成分でじんわりと働きかけてくれるエイジングケア化粧品は、敏感肌の方でも使いやすく、将来のお肌を守るのにも役立ってくれるというわけですね。

関連ページ

コストがかかるものが多い
エイジングケア化粧品は、若い世代向けの化粧品に比べると、どうしてもコストが高めのものが多くなってしまいます。期待できる効果だけでなく、お財布ともじっくり相談しながら選ばなければならないのが、エイジングケア化粧品のデメリットといえる点ですね。
エイジングケア化粧品は使い続けるのが面倒!
エイジングケア化粧品は、多忙な現代女性にとっては「使い続けるのが面倒」と感じられてしまうようなものが少なくありません。ステップが多い、使い方が難しいといった点は、エイジングケア化粧品が抱えるデメリットの1つと考えることができるでしょう。
エイジングケア化粧品はベタつきやすいものも!
エイジングケア化粧品は、年齢により乾燥しやすくなるお肌に潤いを与えると共に、その潤いを守るために、皮脂の代わりとなる油分を与えたりしてくれますね。ですが、クリームなどに含まれる油分は、「ベタベタして不快」と感じてしまう方も少なくありません。