アンチエイジング化粧品の定番「コラーゲン」

エイジングケア化粧品に、もはや定番とも言えるほどの確率で配合されているのが、コラーゲンですね。このコラーゲンは元々、人の体内に存在しているものですが、年齢と共にその量が減少してしまうことでエイジング悩みをもたらします。そんな悩みに対策していくために、コラーゲン配合のエイジングケア化粧品に注目してみましょう。

 

コラーゲン不足で起こる肌悩み

コラーゲンが不足すると、一気に見た目年齢がアップしてしまうので注意が必要です。

  • シワ
  • ハリの低下
  • お肌の乾燥

お肌に含まれているのは、主にⅠ型コラーゲンと言われるものです。人の体には様々な部分にコラーゲンが含まれますが、このうちの約40%がお肌に存在し、柔軟性や弾力をもたらしています。

 

そのため、これが不足するとお肌が硬くなり、弾力が無くなり、萎んだような状態になってしまいます。その結果、シワやハリの低下が起こるのです。

コラーゲンによる嬉しい効果

コラーゲンをエイジングケア化粧品でお肌に取りいれていくと、シワやハリの低下を防いだり、潤いを与える以外にも、嬉しい効果が期待でいます。

  • 美白
  • たるみのケア

これらの効果が発揮されるのは、コラーゲンがお肌の代謝に大きく関係しているためです。

 

コラーゲンは、お肌の中で古いものを分解し、新しいものに作り変える働きをしています。その働きが盛んに行われると、新陳代謝が活発になり、お肌が健康的に保たれるというわけなのです。

 

つまり、ターンオーバーが促進されることにより、お肌が明るくなったり、たるみが改善される効果も期待できるというわけですね。

コラーゲン配合化粧品選びのポイント

エイジングケア化粧品には、その多くに「コラーゲン」という成分を配合してあります。ただ、「コラーゲンを配合してあれば何でも良い」というわけではありませんので、その点には注意が必要です。

 

まず、コラーゲンは分子が大きく、そのままお肌に塗布しても浸透することができません。ベタベタするばかりでお肌の内部に働きかけることができないので、分子を小さくするなど、浸透へのこだわりがあるものを選びましょう。

 

それから、コラーゲンの生成をサポートするような成分を配合してある化粧品も魅力的です。CVアルギネートというコラーゲン生成を促進する海藻由来の成分を配合した「アヤナス」なども、注目したい化粧品の1つですね。

関連ページ

期待の成分「アスタキサンチン」
アスタキサンチンという成分は、決してお肌に負担をかけるような危険なものではなく、安全性の高い天然由来のものなのです。アスタキサンチンとは、自然界に多く分布している赤い色素のことを言います。カロテノイドの1種であり、実は普段、口にしている食べ物にも含まれている成分でもあります。
年齢と共に低下する保水力をカバー「ヒアルロン酸」
エイジングケア化粧品の中で、コラーゲンと並ぶほど定番となっている成分の1つが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は人の体内に存在する成分ですが、年齢と共に減少してしまうことで、肌老化を引き起こす原因になります。そこで、そんなヒアルロン酸をしっかり補給できるエイジングケア化粧品を用いて、みずみずしく若々しいお肌を蘇らせましょう!
お米の美肌効果!「ライスパワー№11」
日本人に古くから親しまれてきた食べ物と言えば、お米ですよね。そんなお米は、美肌効果にも優れているということで注目を集めています。そして、その美肌効果を最大限に活かすために開発された成分の1つが、ライスパワー№11なのです。