季節に合わせたエイジングケア化粧品を選んで活用しよう!

季節に合わせて洋服を変えるのと同じように、基礎化粧品の選び方や使い方も、季節に合わせて変えていくことが大切です。エイジングケア化粧品も、同じものをじっくり使用していくことも重要ではありますが、季節の変わり目にお肌の状態が変化したのを感じたら、臨機応変に使い方にも変化をつけていきましょう。

 

季節に合わせたエイジングケア化粧品を選んで活用しよう!

スキンケアを見直すタイミング

季節によりスキンケアを見直すというのは、必ずしも必要とは限りません。決定的なマニュアルがあるわけではなく、それぞれのお肌の状態に合わせてケアすることが重要になります。

 

例えば季節の変わり目に、

  • これまでのスキンケアではお肌が乾燥する
  • 使用感がベタベタと感じられる
  • 今まで何ともなかったのに急に刺激を感じ始めた

という場合には、お肌の状態が変化していることが考えられます。

 

乾燥する場合は保湿力が不足しており、ベタベタする場合はお肌にうまく浸透していないのかもしれません。刺激に感じられる場合は、お肌が敏感に傾いているということが言えます。

 

毎日、きちんと自分のお肌と向き合い、スキンケアに違和感を感じた場合には、見直しを行ってみてください。

エイジングケア化粧品の見直し

愛用しているエイジングケア化粧品も、季節の変わり目はお肌の変化に合わせて見直しを行っていきましょう。

  • 保湿力が物足りない→よりリッチなタイプの化粧水や美容液に変更
  • ベタつく→浸透力にこだわったものを選ぶ
  • 刺激に感じる→敏感肌用の低刺激なものを選ぶ

どの季節に、どのエイジングケア化粧品が合っているのか、ということは一概には言えません。お肌の状態と相談しながら、その時の症状に合うものを選ぶことが大事なのです。

 

人気のエイジングケア化粧品には、最初に気軽なお試しができるトライアルセットも用意されています。そういったものを活用して、その時のお肌にしっくりくるものを厳選すると良いですね。

スキンケア方法の見直し

季節によりお肌が変化した場合、必ずしも愛用しているエイジングケア化粧品そのものを変えなければならないというわけではありません。スキンケアの方法を少し工夫するだけでも、その季節に応じたケアをすることが可能になるのです。

  • 使用量を見直す
  • 使用方法を変える

例えば乾燥しやすくなった時には化粧水やクリームの量を増やし、ベタつく季節には減らすのも1つの方法ですね。あるいは、乾燥する季節だけ美容液を投入するという方法もあります。

 

使用方法としては、乾燥がひどい部分にだけクリームを重ねづけしたり、コットンでマスクをするなどの方法が挙げられます。またベタつく季節には化粧水での拭き取りケアという1ステップをプラスすると浸透力がアップし、快適なスキンケアが行いやすくなります。

関連ページ

春はお肌のバリア機能向上を重視
春と言えば厳しい寒さが和らぎ、心も体もほぐれる素敵な季節ですよね。ですが、そんな春も実は、お肌にとっては過酷な季節でもあります。精神的にも身体的にもストレスが多い季節ですので、バリア機能を向上させることで、肌トラブルを防ぎましょう。
夏も年齢肌加速を予防して美肌を守ろう!
特に年齢肌悩みが加速しやすい時期として知られているのが、夏です。夏はお肌にとって過酷な環境となっており、夏が終わる頃にはお肌は3歳年をとると言われているほどです。これを防ぐためにも、エイジングケア化粧品を徹底活用し、将来の美肌を守りましょう。
秋は乾燥とお疲れ肌のケアを!
秋という季節は暑さが和らぎ、快適な季節のように思われますが、実は体調を崩しやすい「季節の変わり目」でもあります。しかも夏の疲れがどっと出てくる頃でもありますので、体もお肌もしっかりケアしてあげることが大切です。
冬は厳しい乾燥に徹底対抗すればお肌が変わる!
冬になると空気がひどく乾燥し、また暖房の効いた室内で過ごす時間も多くなるため、お肌がとても乾燥しやすくなってしまいます。そして、乾燥したお肌は様々な肌悩みを起こしやすいのです。ですが冬は、実はきちんと保湿していけばお肌には嬉しい季節。しっかりケアして、若々しい美肌を手に入れましょう!