化粧水はコットン使いで徹底的に馴染ませる!

エイジングケア化粧品の中で、特に注目したいアイテムの1つが化粧水ですよね。化粧水はお肌に潤いを与えるために重要なアイテムです。これを効率的にお肌に浸透させるためには、「塗る」のではなく「叩き込む」ようにケアしていくことが大切です。

 

化粧水はケチケチしない!

エイジングケア化粧品の中で、最もケチケチしてはいけないアイテムが化粧水です。お肌には潤いは欠かせませんので、たっぷりの化粧水をコットンに含ませて、何度も重ねづけしながら潤いを補給してあげましょう。

 

化粧水をたっぷり使用すると「お肌の表面がベチャベチャになる」という方は、しっかり浸透させることができていない証拠です。丁寧にお肌の内側に馴染ませるつもりで使っていけば、たっぷり使用しても「お肌が水を飲んでいる」ような感覚で、内側からふっくら潤い、肌表面はさっぱりとした良い状態に仕上がります。

化粧水はコットン使いがオススメ

エイジングケア化粧品の効果を、より高めるためには、化粧水は手で塗布するよりもコットンでパッティングしていくのがオススメです。

  • まずは化粧水を含ませたコットンで優しく撫でる(古い角質を除去)
  • さらに化粧水をたっぷり含ませ、毛穴に叩き込むイメージで下から上に優しくパッティングする
  • コットンが乾いてきたら、さらに化粧水を足して叩き込む
  • お肌に触れるとひんやりするくらいまで繰り返す

お肌がヒヤっとしてきたら、化粧水が内側まで十分に満たされた証拠です。手で塗布するだけのケアでは、なかなかここまでお肌に浸透させることができません。しかも手の平にも化粧水が入ってしまいますので、実はコットンを使った方が化粧水を有効に活用できていると言えるのです。

時にはコットンマスクでケアを!

普段のケアでは、コットンで優しくパッティングしながら化粧水を馴染ませていくだけでも十分です。ですが、時にはスペシャルケアとして、コットンマスクを実践してみるのも良いでしょう。

  • 心と時間に余裕がある時
  • エステ気分を味わいたい時
  • 乾燥が特に気になる時

こういったタイミングで、コットンマスクを取り入れます。大判のコットンがあると、マスクにも利用しやすく便利ですね。

 

方法はとても簡単で、コットンにたっぷりのエイジングケア化粧品の化粧水を含ませ、これをお肌に乗せていきます。そのままの状態で5分ほど置いたら、あとは外して、いつものケアをすれば良いだけです。ただし、5分以上放置すると潤いがコットンに逆戻りしてしまうので注意してください。

関連ページ

クレンジングと洗顔の落すケアはエイジングケアの要
エイジングケア化粧品は、化粧水や美容液といった「お肌に潤いや栄養を与える」という目的のものがメインになっていますよね。ですが、実はその1つ前に行う「落とすケア」の重要性についても、忘れてはならないのです。
主役級美容液を活用しよう!
エイジングケア化粧品で主役とも言えるアイテムと言えば、美容液ですよね。各メーカー、様々な特徴のある美容液を取り入れています。この美容液は、化粧水よりもさらに高い効果で潤いや栄養をお肌に与えてくれるアイテムですので、正しい使い方でしっかり活用していきましょう。
仕上げは乳液やクリームでフタ!
エイジングケア化粧品では、特に化粧水や美容液といったアイテムに注目が集まりがちですね。中には「ベタベタするのが嫌だから」という理由で、乳液やクリームを省いてしまう方もいらっしゃいます。ですが、実はこれらのアイテムを使った仕上げは、エイジングケア化粧品による効果を各段にアップしてくれるものなのです。