お肌を美しくするためには化粧品だけではなくインナーケアも!

最先端のエイジングケア化粧品は、確かに成分の内容も素晴らしいものになり、大変効果的になってきています。ですが、こういった優秀な化粧品さえ使っていれば、芸能人並みの美肌を手に入れることができるのかと言うと、そういうわけではありません。お肌を美しくするためには、体の内側からのケアも大切。エイジングケア化粧品だけに頼り切りになると、思うような効果が得られなくなるかもしれません。

 

お肌を美しくするためには化粧品だけではなくインナーケアも!

化粧品は角層まで!

エイジングケア化粧品を選ぶ際に、浸透力にこだわって選びますよね。確かに優秀な化粧品は、成分がお肌の奥深くまでスーッと浸透するような感覚があります。ですが、実はこの化粧品が浸透できる部分というのは、「角層まで」なのです。

 

角層というのは、お肌のごく浅い部分であり、コラーゲンなどが存在する真皮は、さらに奥深いところにあります。つまり化粧品では、こういった奥深い部分にまで働きかけることができないのです。

 

そこで重要になってくるのが、体の内側から働きかけることで、お肌の奥深い部分に働きかけるインナーケアなのですね。

口からの摂取でお肌を活性!

エイジングケア化粧品では成分を届けられない、奥深い部分のケアには、口から摂取する成分が嬉しい効果を発揮してくれます。

  • 野菜
  • 大豆
  • 赤身のお肉
  • 海藻類

こういった食べ物は、ビタミンやミネラル、アミノ酸を豊富に含み、体の内側で美肌作りのために活躍してくれます。例えばコラーゲンは、アミノ酸により構成されている成分ですので、タンパク質が豊富な大豆や肉、魚をしっかり食べることが大切ですね。

 

また、同時にコラーゲンやヒアルロン酸など、お肌に必要な成分を補うことができるサプリやドリンクなども販売されています。こういったものを摂取しながらエイジングケア化粧品を活用すれば、さらに効率的に年齢を感じさせない美肌に近づけるでしょう。

ストレスは大敵!

年齢肌悩みの大きな原因の1つとして、「酸化」が挙げられます。これは、紫外線や様々な外的刺激、そしてストレスなどにより発生する活性酸素が原因となって起こる現象です。エイジングケア化粧品の中には、そんな活性酸素に対抗できる、抗酸化物質を豊富に含む成分が配合されたものもありますよね。アスタリフトに含まれるアスタキサンチンなどがその例です。

 

ですが、いくら抗酸化物質で対抗していても、追いつかないくらいの勢いで活性酸素が発生してしまうと、対策しきれなくなってしまいます。現代人は、特にストレスが大きく、活性酸素が発生しやすい状況にあります。体やお肌がサビてしまうのを防ぐためにも、活性酸素を発生させるストレスを抱え込まないように工夫してみましょう。

  • 十分な睡眠
  • 趣味などを楽しむ時間づくり
  • お好みの化粧品でのリラックスできるスキンケア

こういったことを実践しながら、ストレスによる「老け」に徹底対抗すると良いですね。

関連ページ

変化を感じるまでにはそれなりの期間がかかりますので、長い目で見て使用を!
エイジングケア化粧品は、最先端のものだと効果的な成分がたっぷり配合されており、「すぐにでも効果が実感できるのではないか」という印象を持ってしまいますよね。ですが、お肌というのはそんな簡単なものではありません。変化を感じるまでには、それなりの期間がかかりますので、長い目で見てコツコツ使っていくことが大切なのです。
お肌の状態に合わせたエイジングケアを!
様々なエイジングケア化粧品が販売されていますが、それぞれに配合されている成分も、使用目的も違っていますよね。エイジングケア化粧品は選ぶ際にも使用する際にも、そういった点をよく比較・検討しながら、お肌の状態に合せた使い方をしていくことが必要になります。