年齢と共に低下する保水力をカバー「ヒアルロン酸」

エイジングケア化粧品の中で、コラーゲンと並ぶほど定番となっている成分の1つが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は人の体内に存在する成分ですが、年齢と共に減少してしまうことで、肌老化を引き起こす原因になります。そこで、そんなヒアルロン酸をしっかり補給できるエイジングケア化粧品を用いて、みずみずしく若々しいお肌を蘇らせましょう!

 

ヒアルロン酸が不足すると!?

ヒアルロン酸という成分は、元々人の体の中にあるムコ多糖類と呼ばれるものの1つです。ムコ多糖類はねばねばしているのが特徴で、そんな成分の中でも特に、ヒアルロン酸は保水力に優れていることで知られています。そのため、これが不足すると様々な肌悩みが起こってきます。

  • お肌が乾燥しやすくなる
  • シワ・たるみが起こる
  • 肌細胞の元気がなくなる
  • お肌の粘弾性が弱くなる

ヒアルロン酸は、30代頃から徐々に減少していき、40代で赤ちゃんの頃の約半分になってしまうと言われています。そのため、エイジングケア化粧品や食事、サプリメントなどで上手に補給していく必要があるのです。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸配合のエイジングケア化粧品を用いると、様々な嬉しい効果が期待できます。

  • お肌の粘弾性が維持されプルプルになる
  • みずみずしいお肌になる
  • ハリをもたらし、シワ・たるみをケアする
  • 肌の機能を維持する

これらの働きにより、お肌がトータルで健やかになり、若々しい状態に導かれます。ヒアルロン酸は細胞間に多く存在し、細胞と細胞の間でクッションのような働きをしているので、様々な肌トラブルを抑えるのにも役立ってくれるのです。

ヒアルロン酸配合の化粧品選び

ヒアルロン酸は多くのエイジングケア化粧品に配合されていますが、選び方に注意しないと、イマイチ効果を実感しにくくなることもあります。

  • 低分子ヒアルロン酸を選ぶ
  • コラーゲンやエラスチンと共に取り入れる

まず、ヒアルロン酸は分子が大きく、そのままの形では吸収されにくいという欠点があります。それを克服するために加工されているのが低分子ヒアルロン酸です。お肌の内側までしっかり働きかけるためには、低分子ヒアルロン酸と書かれたものを選びましょう。

 

それから、この成分はコラーゲン、エラスチンという成分と影響し合っており、同時に取り入れることでお肌にしっかり留めておくことができます。ヒアルロン酸単独で取り入れても効果が得られにくくなりますので、これらが同時に配合されたアイテムを選ぶと良いですね。

関連ページ

期待の成分「アスタキサンチン」
アスタキサンチンという成分は、決してお肌に負担をかけるような危険なものではなく、安全性の高い天然由来のものなのです。アスタキサンチンとは、自然界に多く分布している赤い色素のことを言います。カロテノイドの1種であり、実は普段、口にしている食べ物にも含まれている成分でもあります。
アンチエイジング化粧品の定番「コラーゲン」
エイジングケア化粧品に、もはや定番とも言えるほどの確率で配合されているのが、コラーゲンですね。このコラーゲンは元々、人の体内に存在しているものですが、年齢と共にその量が減少してしまうことでエイジング悩みをもたらします。そんな悩みに対策していくために、コラーゲン配合のエイジングケア化粧品に注目してみましょう。
お米の美肌効果!「ライスパワー№11」
日本人に古くから親しまれてきた食べ物と言えば、お米ですよね。そんなお米は、美肌効果にも優れているということで注目を集めています。そして、その美肌効果を最大限に活かすために開発された成分の1つが、ライスパワー№11なのです。