クレンジングと洗顔の落すケアはエイジングケアの要

エイジングケア化粧品は、化粧水や美容液といった「お肌に潤いや栄養を与える」という目的のものがメインになっていますよね。ですが、実はその1つ前に行う「落とすケア」の重要性についても、忘れてはならないのです。

 

汚れが残るとお肌が老ける

お肌にメイクや皮脂などの汚れが残ってしまうと、これは老け顔を作る原因になります。

  • お肌に残った汚れが酸化し、肌悩みやトラブルを引き起こす
  • 汚れが原因でターンオーバーがうまくいかない
  • 化粧品の浸透を妨げる

これらの問題を防ぐためには、落とすケアにも徹底的にこだわっていくことが大切です。丁寧なクレンジングと洗顔を行うことで、お肌を清潔な状態に導きましょう。

汚れを落とせばスキンケア効率アップ!

ランキング上位の最先端の成分を配合してあるエイジングケア化粧品は、浸透力にも工夫があり、年齢を重ねたお肌でも浸透しやすい処方となっています。ですが、これはあくまでもお肌の状態が清潔に整っている場合の話です。毛穴に皮脂が詰まっている、肌表面にメイクが残っている、古い角質が厚くはびこっているような状態では、さすがに浸透力は低下してしまいます。

 

そこで、汚れを落とすケアを徹底すると、

  • 保湿成分や美容成分が浸透しやすくなる
  • 内側から潤うことで肌状態が改善され、ターンオーバーが促進される

といった効果を得ることができます。

 

スキンケア効率がアップしますので、同じエイジングケア化粧品を使用するにしても、汚れをきちんと落としてからの使用の方がお得になると言えますね。

落すケアのコツ

エイジングケアの効率アップのために意外と重要な「落とすケア」ですが、闇雲に「とにかく洗えば良い」という方法では、逆効果になってしまいます。

  • クレンジングはその日のメイクの程度によって選ぶ(軽いメイクならミルクやジェル、濃いメイクの場合のみオイル)
  • クレンジングの際はお肌が動かないくらいの力加減でよく馴染ませて乳化させる
  • 洗顔は水に浮かべても溶けないくらいの弾力泡で行う
  • 洗顔時は手が触れないくらいの優しい力加減で泡を転がすようにして洗う
  • すすぎは水に近いぬるま湯で30回程度しっかりと行う

洗浄力の強いモノでゴシゴシ洗ったり、熱いお湯を使って洗い流してしまうと、お肌を傷つけ、乾燥させる原因になります。優しく丁寧に、労わりながら洗うことを心がけましょう。

関連ページ

化粧水はコットン使いで徹底的に馴染ませる!
エイジングケア化粧品の中で、特に注目したいアイテムの1つが化粧水ですよね。化粧水はお肌に潤いを与えるために重要なアイテムです。これを効率的にお肌に浸透させるためには、「塗る」のではなく「叩き込む」ようにケアしていくことが大切です。
主役級美容液を活用しよう!
エイジングケア化粧品で主役とも言えるアイテムと言えば、美容液ですよね。各メーカー、様々な特徴のある美容液を取り入れています。この美容液は、化粧水よりもさらに高い効果で潤いや栄養をお肌に与えてくれるアイテムですので、正しい使い方でしっかり活用していきましょう。
仕上げは乳液やクリームでフタ!
エイジングケア化粧品では、特に化粧水や美容液といったアイテムに注目が集まりがちですね。中には「ベタベタするのが嫌だから」という理由で、乳液やクリームを省いてしまう方もいらっしゃいます。ですが、実はこれらのアイテムを使った仕上げは、エイジングケア化粧品による効果を各段にアップしてくれるものなのです。