主役級美容液を活用しよう!

エイジングケア化粧品で主役とも言えるアイテムと言えば、美容液ですよね。各メーカー、様々な特徴のある美容液を取り入れています。この美容液は、化粧水よりもさらに高い効果で潤いや栄養をお肌に与えてくれるアイテムですので、正しい使い方でしっかり活用していきましょう。

 

美容液は肌悩みに応じたものを!

美容液は、化粧水など他のアイテムよりも濃厚に、何らかの肌悩みを解決するために特化した成分を配合してあるアイテムです。そのため、一体何の肌悩みに対して効果が期待できるものなのか、ということを理解して使用する必要があります。

  • 保湿効果に優れた美容液
  • 美白効果のある美容液
  • ハリや弾力をもたらしてくれる美容液

このように、様々な内容のものがありますので、自分自身が特に「どうにかしたい」と切実に悩む肌悩みに効果が期待できるものを取り入れていきましょう。ただし、何種類もの美容液を重ねる使い方は、お肌を甘やかすことになったり、かえって負担をかけてしまい逆効果になる恐れもあるので、基本的には1種類で済ませておきたいですね。

美容液は使う順番に注意!

美容液の使用方法は、各メーカーが定める方法に従ってください。ここで特に注意すべきなのは、「使う順番」です。

 

基本的に美容液は、化粧水と乳液の間で使用するものが大半です。化粧水でお肌を整えた後の、油分を使用してお肌にフタをされてしまう前のタイミングということになりますね。

 

ただし、中には「ブースター機能」と言われる機能があり、化粧水の前に使用するアイテムもあります。例えばアスタリフトの先行美容液などは、そういったタイプですね。

 

ブースタータイプは最初に使用することで、化粧水などの浸透を助ける働きがありますので、その効果をしっかり活かすためにも、順番には十分に気を付けましょう。

気になる部分に重ねづけ

美容液の使い方には、主に2つの方法があります。

  • 顔全体に使用する・・・トータル的なケアに
  • 部分的に使用する・・・目元や口元など特に気になるところのケアに

また、これらを組み合わせ、「まずは顔全体に使用した後、気になる部分にはさらに重ねづけをする」という方法もあります。目元や口元のシワ、乾燥が気になる場合は、これらの部分に重ねづけしていくことで、よりしっかりと成分を浸透させることができますね。

 

こういった使い方の工夫を取り入れることで、エイジングケア化粧品の実感も大きく変わってきます。

関連ページ

クレンジングと洗顔の落すケアはエイジングケアの要
エイジングケア化粧品は、化粧水や美容液といった「お肌に潤いや栄養を与える」という目的のものがメインになっていますよね。ですが、実はその1つ前に行う「落とすケア」の重要性についても、忘れてはならないのです。
化粧水はコットン使いで徹底的に馴染ませる!
エイジングケア化粧品の中で、特に注目したいアイテムの1つが化粧水ですよね。化粧水はお肌に潤いを与えるために重要なアイテムです。これを効率的にお肌に浸透させるためには、「塗る」のではなく「叩き込む」ようにケアしていくことが大切です。
仕上げは乳液やクリームでフタ!
エイジングケア化粧品では、特に化粧水や美容液といったアイテムに注目が集まりがちですね。中には「ベタベタするのが嫌だから」という理由で、乳液やクリームを省いてしまう方もいらっしゃいます。ですが、実はこれらのアイテムを使った仕上げは、エイジングケア化粧品による効果を各段にアップしてくれるものなのです。