期待の成分「アスタキサンチン」

エイジングケア化粧品に配合される成分は、どんどん進化しています。そんな中で、特に注目度の高い成分の1つがアスタキサンチンですね。ですが、「一体どんな成分なの?」「お肌には負担はないの?」なんて不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

アスタキサンチンは天然由来の成分!

実はアスタキサンチンという成分は、決してお肌に負担をかけるような危険なものではなく、安全性の高い天然由来のものなのです。アスタキサンチンとは、自然界に多く分布している赤い色素のことを言います。カロテノイドの1種であり、実は普段、口にしている食べ物にも含まれている成分でもあります。

  • カニ
  • エビ

これらの赤い色を持つ魚介類には、アスタキサンチンが含まれています。ただ、実はこれらの生物は自らアスタキサンチンを作り出すことはできません。アスタキサンチンの第一生産者は「ヘマトコッカス」という海の藻類の1種になります。

 

このヘマトコッカスを動物プランクトンが食べ、さらにプランクトンを鮭やカニ、エビなどの魚介類が食べることにより、様々な生物の体に取り込まれていくのです。

化粧品に含まれるアスタキサンチン

エイジングケア化粧品に含まれる成分の中でも注目を集め始めているアスタキサンチンですが、これを配合してある化粧品は、まだそれほど多くはありません。なぜなら、この成分は海産物から抽出することが非常に難しく、サプリや化粧品に配合することが困難であったためです。

 

ですが、そんな貴重なアスタキサンチンを配合した化粧品が登場してきたのは、ヘマトコッカスからアスタキサンチンの成分を抽出することに成功したためです。高い技術力を誇るフジフィルムのアスタリフトにも、このヘマトコッカス由来のアスタキサンチンが配合されていますね。

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンがエイジングケア化粧品の注目成分となっているのは、もちろん、その「効果」が優れているためです。

  • ビタミンEの1000倍の抗酸化力
  • 抗炎症作用
  • 疲労回復
  • 脳を若々しく保つ
  • 眼精疲労を改善

 

アスタキサンチンという成分は、美容や健康の面で素晴らしい効果をもたらしてくれると言われています。特に優れた抗酸化力には注目度が高く、化粧品として取り入れれば、紫外線の影響からお肌を守ったり、コラーゲンを良い状態で維持してくれたりするのです。

 

アスタキサンチン配合の化粧品を用いれば、光老化や年齢によるハリの低下などにしっかり対抗していくことができるというわけですね。

関連ページ

アンチエイジング化粧品の定番「コラーゲン」
エイジングケア化粧品に、もはや定番とも言えるほどの確率で配合されているのが、コラーゲンですね。このコラーゲンは元々、人の体内に存在しているものですが、年齢と共にその量が減少してしまうことでエイジング悩みをもたらします。そんな悩みに対策していくために、コラーゲン配合のエイジングケア化粧品に注目してみましょう。
年齢と共に低下する保水力をカバー「ヒアルロン酸」
エイジングケア化粧品の中で、コラーゲンと並ぶほど定番となっている成分の1つが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は人の体内に存在する成分ですが、年齢と共に減少してしまうことで、肌老化を引き起こす原因になります。そこで、そんなヒアルロン酸をしっかり補給できるエイジングケア化粧品を用いて、みずみずしく若々しいお肌を蘇らせましょう!
お米の美肌効果!「ライスパワー№11」
日本人に古くから親しまれてきた食べ物と言えば、お米ですよね。そんなお米は、美肌効果にも優れているということで注目を集めています。そして、その美肌効果を最大限に活かすために開発された成分の1つが、ライスパワー№11なのです。