秋は乾燥とお疲れ肌のケアを!

秋という季節は暑さが和らぎ、快適な季節のように思われますが、実は体調を崩しやすい「季節の変わり目」でもあります。しかも夏の疲れがどっと出てくる頃でもありますので、体もお肌もしっかりケアしてあげることが大切です。

 

秋は乾燥とお疲れ肌のケアを!

季節の変わり目はバリア機能低下

秋のような季節の変わり目には、体にもお肌にもストレスが溜まり、バリア機能が低下しやすくなります。敏感肌の方によくある「ゆらぎ肌」と言われる状態ですね。

  • 朝夕と日中で大きく変化する気温
  • 空気の乾燥
  • 夏の疲れ

こういったことが原因になり、体調を崩しやすくなったり、肌荒れが起こりやすくなったりするのです。普段はそこまで敏感肌ではないという方も、特に秋はお肌が敏感に傾きがちなので、エイジングケア化粧品も「できるだけ優しいもの」を厳選し、負担をかけないように使用していくことが大切です。

お疲れ顔になってるかも!

秋のお肌をスッピンでチェックしてみると、

  • なんとなく疲れて見える
  • お肌全体が暗く見える
  • 老けた印象に見える

といったことが起こることもあります。

 

これは「お疲れ顔」と言われるものですね。このような症状が起こるのは、夏に受けた様々なダメージが表面化してきてしまうからです。

 

お肌が暗くなるのは、お肌の表面に古い角質が残りやすくなっているから。つまり、お肌のターンオーバーが低下している証拠なのです。暑さや紫外線が和らぐ秋には、丁寧なスキンケアをすることでターンオーバーを促進し、お疲れ顔を解消してあげましょう。

エイジングケア化粧品は優しく潤いを与えてくれるもの

乾燥とお疲れ顔をしっかりケアしたい秋。そんな秋のエイジングケア化粧品は、2つのポイントを特に重視して選んでみましょう。

  • 保湿力
  • お肌への優しさ

お肌に潤いをたっぷり与えて水分バランスを整えることで、ターンオーバーが促進され、お肌がパッと明るくなります。ただし、敏感に傾きがちな季節でもありますので、刺激の強い美白化粧品などは使用しない方が安心です。

 

低刺激で、お肌に負担のかかる成分は極力排除した、優しさにこだわるエイジングケア化粧品でしっかりスキンケアしていきましょう。

 

秋のお疲れ肌は、あれこれ贅沢な成分を使うことよりも、シンプルに潤いと油分を与えて「お肌が持つ本来のチカラ」を引き出せるようなケアをしてあげることが大切です。

関連ページ

春はお肌のバリア機能向上を重視
春と言えば厳しい寒さが和らぎ、心も体もほぐれる素敵な季節ですよね。ですが、そんな春も実は、お肌にとっては過酷な季節でもあります。精神的にも身体的にもストレスが多い季節ですので、バリア機能を向上させることで、肌トラブルを防ぎましょう。
夏も年齢肌加速を予防して美肌を守ろう!
特に年齢肌悩みが加速しやすい時期として知られているのが、夏です。夏はお肌にとって過酷な環境となっており、夏が終わる頃にはお肌は3歳年をとると言われているほどです。これを防ぐためにも、エイジングケア化粧品を徹底活用し、将来の美肌を守りましょう。
冬は厳しい乾燥に徹底対抗すればお肌が変わる!
冬になると空気がひどく乾燥し、また暖房の効いた室内で過ごす時間も多くなるため、お肌がとても乾燥しやすくなってしまいます。そして、乾燥したお肌は様々な肌悩みを起こしやすいのです。ですが冬は、実はきちんと保湿していけばお肌には嬉しい季節。しっかりケアして、若々しい美肌を手に入れましょう!
季節に合わせたエイジングケア化粧品を選んで活用しよう!
季節に合わせて洋服を変えるのと同じように、基礎化粧品の選び方や使い方も、季節に合わせて変えていくことが大切です。エイジングケア化粧品も、同じものをじっくり使用していくことも重要ではありますが、季節の変わり目にお肌の状態が変化したのを感じたら、臨機応変に使い方にも変化をつけていきましょう。